スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体重減った(・`ω・)

buhi.jpg


今年の夏の暑さの影響で出荷予定の豚が痩せて出荷量が減ると話題に
体重が105kgになったころに豚が出荷されるらしいいが猛暑の影響で豚が5キロ痩せるという事態に
今後 食卓に並ぶ豚の値段も上がれば豚肉が食べられないなどしんぱいする声があがった。

以下豚肉ランドより抜粋

母豚から生まれたばかりの子豚は10日程度までは母豚の母乳だけで育ちます。哺乳期間中は、母豚の母乳を飲んで成長に必要な免疫力や体力を増加させます。母豚は暑さに弱く、子豚は非常に寒さに弱いため、この期間の豚舎の管理には十分気をつける必要があります。まれに、保育が上手でない母豚の場合、子豚がうまく育たなかったり、母豚が誤って子豚をつぶしてしまったりすることがあるため、人口哺乳で育てる場合もあります。しかし、母豚の母乳の中には子豚の成長に欠かせない成分が詰まっているため人口哺乳で育てた子豚は成長速度が遅いことや、発育が良くない場合も多くあります。

その後、だんだんと「人口乳」と呼ばれる離乳用の餌や母豚のえさを遊びながら食べることを覚え、30日齢位で離乳します。離乳時の体重は国内で飼養されている豚の平均では、7~10kgになります。離乳すると母豚から離し、子豚だけの育成豚舎に移します。離乳した子豚はまだ、人口乳と呼ばれる消化しやすい餌で40日齢、体重が15kg前後になるまで育てられます。その後子豚用の育成飼料に切り替えて3ヶ月齢、体重40kg前後になるまで常に餌が食べられる状態にしておきます。子豚は兄弟ごとに分けてグループで飼育していくことが多いのですが、産まれた日が同じグループの子豚を一緒にしたり、同じくらいの体重の子豚同士でグループを作って育成する場合もあります。子豚の骨格や筋肉をしっかり育てたほうが、肥育期間に身体を大きくすることができるので育成期間は大変重要な期間です。食用の肉豚として飼育される場合には、ここまでの間にできるだけ栄養価の低いものを与えておくと肉質が良い豚になり、この後の期間には肥育後期として栄養分の高いものを与えられます。食肉用の豚は生後180日齢、体重が105kgころに出荷されます。

豚肉ランドより抜粋
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

アリス

Author:アリス
こんにちは!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。