道覚えのコツとか

運送業に勤めてまだ三日なんだけど、梱包の仕方とか
物を傷つけないようにとか まぁこのあたりは常識で考えればなんとかなる範囲だと思う。

問題は道覚えw
僕は道覚えるのが非常に苦手
実はそのことすら運送業に勤めて、思い出したwww

1時間半ぐらいでいくところは土木で毎日通ったから覚えたけど
2時間、3時間行ってそこから次の場所へとかなるともうわからん
まして一回で遠距離覚えることはないw
仕事に差し支えたことはないから時間にして10分ぐらいの迷いだけど

ある程度行ったらナビ使えるけど
裏道と国道だと、ナビは距離が短い国道に行きたがる
まぁ何本か経路選べるんだろうけど

なんにせよ頻繁に行く場所は一回行ったらある程度把握しとかないといけないよね
そこで僕は一回いった場所の要所をメモして一本道で要所要所の交差点などを書いた。

で帰って来てそのメモををGmapでその道を詳しく印刷してファイルに閉じ持っておくことにした
その前になにか魔法のような裏技ないかなーとおもって検索してみると
一番上のページにこんなことがwww

方向音痴や道迷いに関する研究はいろいろ行なわれていますが,一般的な傾向として「迷いやすい人は,道筋を1本線でとらえ,曲がり角などの目標物をひたすら暗記しつづけようとする」傾向があるようです。

他の会社の人も僕の方法だといってたんだけど違うっぽいwwwwwww
一本道どころか間違えた場合も見やすい範囲で書いておいたけどw

「スタートからみて,ゴールはどちらの方角にどの程度の距離いったところなのか」そして「その間にどんな道筋があるのか」を地図で把握するのです。そうすると,たとえ曲がり角のお店がビルにかわっていても,おおよその見当をつけて進むことができます。この「地図で把握する」作業は,できれば車に乗る前に地図を読んでおいて,だいたいの情報を頭に入れておくとよいのですが,それができなかった場合でも,あとで家に帰ってから地図を拡げて復習しておくと次に役立ちます。道の両側にみえるランドマークや,交差点に立っている目標物などの細かい情報に対しても気を配るのはもちろんですが,大事なのはそういった部分部分の細かい情報を,たえず頭の中の大きな地図の中に位置づけて記憶することだと思います。。

最後まで読んでみて納得できる気がするwww
小さな現場いったりするけど仕事できる人は
全く関係ない場所の建物まで覚えてたりする。
でもこーゆーのって丸暗記と変わらん気がするwww

一回で完璧に覚えるにはGmap作戦が一番無難かなぁ
とりあえずメモメモ


地図の使い方テクニック
1動きだす前に、まず自分の現在地を確認します。
2曲がり角の少ないシンプルなルートを選びます。
3地図は実際に歩く方向にあわせて持ちます。歩きながらぐるぐる回してもよいです。
4交差点では地図上の道と実際の道の方向を合わせ、地図を動かさずに自分の体を進行方向に向けます。
地図をそのままに自分が回りこむイメージです。
5字分のいる場所を親指で押さえる、サムリーディングというテクニックを使います。
自分の動きに合わせて親指を動かし、現在地を見失うことを防ぎます。

道の覚え方
現在地までの道を覚えるには曲がり門での目印の選び方が大切です。
それは立体的で色などにも特徴があるもの、たとえば上が白くて下が石垣の家の塀など行きも帰りも見え、
他とは間違わないような特徴を見つけてください。道路標識やカーブミラーなどは平面的で行きと帰りで違って見えたり、沢山あるため目印としてはおすすめできません。

人間の一時的な記憶は短期記憶といわれます。単に見ただけの記憶は20秒ぐらいで失われてしまいます。
しかし目印を口にだして実況することにより、より深く記憶することができるので、効果的です。



うむ!
んで次が結構、道覚えより苦手とするところww

電話で道案内

コンビ二を左に曲がるという風に目印がコンビ二の場合
もうひとつコーヒーショップの隣のコンビ二という風に
目印がもうひとつあるとまちがえないんだって!



言葉で書くよりわかりやすいものも発見しました。

実践で知る。道に迷う人、迷わない人

学生たちが今日、駅から目的地まで来た経路を書いてみてといわれて書いた地図です。
人によって同じ道でも全然違う地図が出来上がってます。
僕は一本道で曲がりなども勝手に減らしちゃうほうですw

他の記事には方向音痴の人は地理に興味がない
方向音痴を自覚しているにもかかわらず方向感覚に自信を持っている
道に迷うことを苦にしていないと書かれていた。
当てはまってるwwwwwwww

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

アリス

Author:アリス
こんにちは!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR