スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民団体100人以上がクロネコヤマトなどの配送車を取り囲んで配達を妨害…沖縄





政府が発送した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に向けた環境影響評価(アセスメント)の評価書が県庁に届く見通しの27日、県内移設に反対する市民団体のメンバーや地方議員らが評価書の配達を阻止するため庁舎周辺に陣取った。配送業者の車両が来る度に周囲を取り囲み、評価書を積んだ車を県庁から引き返させた。仕事納め前日の県庁は朝から騒然とした

雰囲気に包まれた。



阻止活動を展開したのは「基地の県内移設に反対する県民会議」のメンバーら。26日に

引き続き100人以上が午前8時前から県庁に集結。出入り口4カ所に分かれ、「評価書の

提出を許さないぞ!」と書かれたプラカードや「怒」の1文字が入った赤い紙などを掲げた。



宅配業者の車などが入ってくると前に立ち、運転手に「配達物の中身は何ですか」

「どこの課あてですか」などと尋ね、宛名を確認した。評価書が含まれていないと分かると

そのまま通した。




雰囲気が緊迫したのは午前11時20分ごろだった。段ボール約10箱を積んだ配送業者

の白い車が到着すると、メンバーが取り囲み、運転手に荷物の差出人を確認したところ、

沖縄防衛局と認めた。運転手はいったん引き返したが、約30分後に再び入庁しようとした。

反対派の県議たちの求めで県の上原徹・管財課長が防衛局に電話し、中身が評価書である

ことを確認。「このまま入ろうとすると事故になる」と伝えると、車は再び引き返した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

アリス

Author:アリス
こんにちは!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。